女性たち

症状の違いを知ろう

男性

慢性化したうつ病

うつ病と聞くと気分が落ち込みやすい状態がずっと続くとイメージを持つ人も多いですが、うつ病が慢性化した双極性うつ病の状態になると、うつ状態だけではなく躁状態になるとされています。うつ状態は気分が優れない、何もやる気が出ないなどの症状ですが、躁状態になるとうつの症状とは逆に明るくやる気の出る症状が出てしまいます。この症状が繰り返されることが特徴の双極性うつ病は、うつ病であるかどうか判別しにくくなります。精神科や心療内科で検査をすればうつ症状の一つであると判断できますが、素人ではただの気持ちの問題と片づけられてしまうことがあるのです。症状が分かりにくいことから発見が遅れるため、症状が進行してから気づくケースが多いとされています。うつ病は早期発見をして早期解決をすることが完治への近道です。いつもと比べて体調が違うと感じたときはすぐに専門クリニックで検査をしてもらいましょう。詳しく検査をすることで重要な病気が判明する可能性があるのです。

薬物療法の危険

慢性化したうつ病はカウンセリングだけでは解決できないことも多いので、薬物療法とカウンセリングを組み合わせて治療をしていきます。薬物療法では薬の成分によって精神を安定させる役目を持っているため、ストレスによって落ち込みやすいことが多くても薬を服用することで心の乱れをなくして落ち着くことができます。しかし薬物療法はあくまでも治療解決へ導くためのものなので、いずれは薬なしで日常生活ができるようにしなければなりません。精神安定剤などの薬を服用しすぎて薬物にたよらないと生活できないという方もいるので、薬を服用する際には依存しないように注意をしましょう。一度うつ病になると改善が難しいとされていますが、少しずつ自分のペースに合わせて精神科で治療をしていくことで、心に落ち着きを取り戻してうつ病改善へと導くことができるでしょう。精神科によっては無料カウンセリングも行われているので、これから初めて精神科へ通うという方は無料サービスも有効活用してみてください。また直接話をするのが苦手な人は電話相談をすることもできるので便利です。これなら顔を合わさず気軽に相談をすることができるでしょう。